トップ / 駐車場の経営に関して

駐車場舗装

都心では駐車場経営が有効な手段 

東京の都心では車の保有台数に比べて、車を止めておける場所が少ない状況が続いてます。そのため、空き地を活用する手段として駐車場経営をすることが有効となっています。とくに都心ではコインパーキングのタイプが収益性が高くなってきます。コインパーキングであれば、自動で集金などが行えるために常に人が常駐する必要がないメリットが出てきます。都心でコインパーキングを運営するためには、大手の駐車場運営企業に依頼をすると経営がしやすくなってきます。大手の企業では、コインパーキングに必要な設備の一式を提供してくれる体制があるからです。

コインパーキングの経営について 

コインパーキングを経営していくには、どのタイプの駐車場にするのか決めなければなりません。コインパーキングは大きく分けてフラップ式とゲート式に分かれています。それぞれメリットとデメリットがあります。フラップ式は、駐車スペースにロック版があり、一定時間駐車するとフラップが上昇し、お金を精算するとフラップが下がり車を出すことのできる駐車場です。ゲート式は出入り口がバーになっているタイプのものです。出入り口のバーを設置している部分に場所を取られてしまうため、より多くの台数を入れたいのならば、フラップ式のほうがいいが、ゲート式は、駐車スペースがアスファルトである必要がない所がメリットです。

舗装するための情報

  • 月極駐車場の収益とは
  • 月極駐車場の活用法
  • © Copyright 駐車場を舗装するために. All rights reserved.