トップ / 駐車場にかかる税について

駐車場舗装

駐車場経営での固定資産税 

使っていない土地を活用するために駐車場経営をする場合、住宅用地の軽減措置があるアパート経営と比べると固定資産税は高くなりますが、建築費や維持費がかからないので、ローリスクローリターンの経営法と言えます。家を壊して、その土地を利用する場合には軽減措置がなくなる可能性がありますので、注意が必要です。アパートと駐車場を隣り合って所有していて、それぞれ分筆して登記している場合には、別々に課税されるため固定資産税は高くなります。土地を一体として利用していると申告すれば、全て住宅用地として扱われて軽減措置が受けられます。

駐車場の固定資産税について 

土地を有効活用して、駐車場経営を始めてみたいと考えている方が増えています。住宅が建っている土地に比べると、固定資産税が高くなりますが、アパートやマンション経営と違って建物を建てる必要がありませんし、維持費も掛からないので、検討してみると良いでしょう。現代は、相続税が高くなると言われているので、お子様に相続をする時に相続税を下げることも可能になります。土地活用を始めることで、固定資産税は上がりますが、毎月定期的に収入が入るので、定年退職後などに検討してみると良いでしょう。なので、駐車場経営をする場合は、信頼できる司法書士などにアドバイスを受けるようにしましょう。

舗装するための情報

  • 月極駐車場の収益とは
  • 月極駐車場の活用法
  • © Copyright 駐車場を舗装するために. All rights reserved.